始めてコンタクトを購入したきっかけ

始めてコンタクトを購入したきっかけ

コンタクトにしたきっかけは、高校生になったからでしょうか / 33歳 女性

コンタクトにしたきっかけは、高校生になったからでしょうか。中学生の時には、スポーツをやっている友達がコンタクトをしていたくらいで、そんなにみんながコンタクトをしているわけではありませんでした。

その頃はまだまだ高かったこともあるでしょう。
私は特に部活をやっていたわけでもないので、コンタクトは不要だったのですが、高校に入ったらやっぱり欲しいなと思い、買ってもらいました。
親と眼鏡屋さんにいって、いろいろ選んで、結構時間もかかりました。

しばらくは眼鏡とも併用していたし、慣れなくて何度も涙が止まらなかったりしたのが今では考えられませんね。
そして大学になって、本格的にコンタクトを利用するようになって、再度買いなおしました。
今ではワンデーしか使っていませんが、その頃はケア用品も買ったり。結構お金も手間もかかりました。
コンタクトにしてよかったことは、めがねを持ち歩かなくていいことですが、基本的に家ではめがねです。
やっぱりこっちの方が目に優しい気がします。

私が初めてコンタクトを購入したきっかけは / 39歳 男性

私が初めてコンタクトを購入したきっかけは、まず、年齢を重ねるごとに視力が低下してしまったことがあります。
それまでくっきり見えていたものが、近づかないと見えなくなったり、ぼやけたりして視力の低下を感じるようになったのは、20歳前後だったと思います。自動車免許を取得する時も、条件に眼鏡が必要になって最初は眼鏡を使用していましたが、あんまり眼鏡も似合わないし、かけているとなんとなく重みを感じたりしていました。

そこで、私はコンタクトレンズの購入を考えました。
まず、眼科に行って処方箋を書いてもらい、眼鏡屋さんで初めての購入ということで、コンタクトレンズの使用方法の注意点やメンテナンスの方法などを聞き購入しました。

最初は、結構ドキドキしてコンタクトレンズを使用しましたが、そのうちそのクリアな視界と、メンテナンスも思ったよりも簡単で、すっかり私は眼鏡派から、コンタクトレンズ愛用者に変化しました。
視力の衰えがきっかけだったコンタクトレンズの購入ですが、現在では、快適さとおしゃれ感を追求するためにもコンタクトレンズを愛用して購入しています。

注目情報